LINE TEL お問い合わせ

内反小趾とは? | 豊田前山町の骨盤矯正が得意な整体院 豊田まえやま接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 内反小趾 - 豊田まえやま接骨院の記事一覧

内反小趾とは?

2024.01.19 | Category: 症例

内反小趾とは?

足の小指が内側に曲がることです。足の小指が15度以上傾いていると内反小趾になります。内反小趾は女性だけでなく、男性にも多く見られます。外反母趾のように痛みが出ることは少ないのであまり気になる方はいないのですが、ほとんどの方は、自分が内反小趾であると気づいていません。

内反小趾の影響とは?

・体を支える足の接地面積も少なくなってしまい、姿勢が崩れる。

・歩く時にO脚、がに股になりやすくなる。

・膝に負担がかかりやすくなる。

・小指の付け根に痛み。

・骨盤の歪みにつながる。

・足の冷え。

・爪が生えてこない。

・小指をよくぶつける。

・つまづきやすい。

原因とは?

姿勢や歩き方により足の横アーチが低下しすることで負担がかかり変形します。また小指は小さくて弱いので、男性でも靴の圧迫や、ストッキング、靴下などの圧迫でも内側に簡単に曲がってしまいます。親指と小指の大きさの違いをみるとわかりますが痛みがあることが少なく、いつの間にか内反小趾になっていることが多いです。適切な靴、五本指ソックスの着用も必要です。

施術内容

①痛みの強い場合は超音波、MCRという電気施術で痛みの緩和をして行きます。

②痛みが緩和するまでテーピングや包帯で足部の負担を軽減していきます。

②全身の筋肉を筋肉調整で緩めていきます。

③全身の矯正、背骨(頚椎、胸椎、腰椎)骨盤、大腿骨を整え、足部の矯正を行っていきます。左右バランスや足部への負担を軽減し、足の指が使えるバランスに矯正していきます。

④オプションでEMSトレーニングで体幹と足部のトレーニングを行っていきます。

⑤日常生活の姿勢、歩き方、ご自宅で行う体幹、足部のトレーニングをお伝えいたします。