豊田市前山町の骨盤矯正が得意な整体院

豊田まえやま整体院

〒471-0828
豊田市前山町2-2-37

0565-28-1811

ブログ

腰痛、坐骨神経痛

こんにちは院長の石田です。坐骨神経痛というもは、ご存知でしょうか?以前にもブログで書かせていただきましたが、最近多いのでもう一度書かせていただきます。

腰痛や坐骨神経痛は、姿勢が悪いことで起こります。悪い姿勢の人は、身体の土台中心である背骨、骨盤が歪んでいます。そして、背骨、骨盤が歪む大きな原因はお腹のインナーマッスル腸腰筋の筋力低下です。

人の体の中心には背骨と骨盤があります。背骨は、首の骨である頸椎が7個あり、胸にある胸椎が12個、そして腰の骨である腰椎5個があり、さらに骨盤は寛骨2個、仙骨1個、尾骨1個の4つの骨があり、土台である骨盤の上に背骨がのっている状態です。

そして、背骨の間には椎間板というものによってすき間が作られ、身体を曲げたり、ひねったりできるようになっています。背骨、骨盤が歪んでいる人は、これらのどこかのすき間が狭くなったりします。背骨には、脳と身体の各所をつないでいる大事な神経が通っていますので、すき間が狭くなると神経が圧迫されて痛みやしびれが出ることがあります。

腰痛や坐骨骨神経痛を改善するためには、お腹の奥のほうにあるインナーマッスル腸腰筋という大きな筋肉の強さが重要です。腸腰筋が弱くなると、背骨、骨盤が歪みます。すると神経が圧迫され、痛みやしびれを感じるのです。このような痛みやしびれを改善するには、背骨、骨盤を矯正することが必要になりますが、そのときに大切なのが姿勢です。矯正をしても悪い姿勢ばかりしているとすぐ歪みます。良い姿勢でいる時間が長ければ、身体が本来持っている自然治癒力が働きやすい状態になります。しかし、姿勢が悪い人は、つねに体が歪んだり、ねじれたりして本来受けなくてもいい負担を受け続ける状態になるので、自然治癒力が働きにくくなります。

普段から良い姿勢でいることが必要なのですが、日ごろから悪い姿勢をしている人が良い姿勢をするには自分で意識していないとできません。なぜなら、姿勢が悪い人は背中の筋肉がパンパンに張っていて、お腹のインナーマッスル腸腰筋が弱く、いい姿勢をしたくてもできないからです。良い姿勢を維持するには、背中の張りを緩めて、お腹の腸腰筋を強化しなければできないのです。

当院では、背中の筋肉をしっかり緩めた状態にしてから、背骨と骨盤の矯正をしていきます。さらに良い姿勢を維持するためEMSでインナーマッスル腸腰筋を鍛え良い姿勢を維持できる状態にして腰痛、坐骨神経痛を改善していきます。