豊田市前山町の骨盤矯正が得意な整体院

豊田まえやま整体院

〒471-0828
豊田市前山町2-2-37

0565-28-1811

ブログ

産後の股関節痛

こんにちは、院長の石田です。当院には産後の骨盤矯正で来院される方が多いですが、その中で産後の股関節痛についてお話させていただきます。産後は体のいたるところが痛くなりますが、なかでも股関節に痛みが出る方が多いです。中には股関節痛のために歩くこともつらい方もいらっしゃいます。歩くのもつらいのにさらに抱っこ。どうにかして痛みを和らげたり、解消したりしたいですよね。産後の股関節痛にどのように対処すればいいのでしょうか?妊娠をすると「リラキシン」というホルモンが体の中で分泌され始めます。この「リラキシン」は、骨盤の周りの靭帯を緩めて、骨盤を開きやすくする効果があるのです。

赤ちゃんがスムーズに産道を通り、出産しやすいように体が自然に準備を始めているのですね。「リラキシン」の効果で、出産時には骨盤がとても開きやすくなっています。実際に妊娠中から出産にかけて骨盤がとても緩く感じたりもします。しかし骨盤が緩くなると骨盤が安定しないために、股関節にも負担がかかってきてしまいます。当院に来院されている方にも妊娠中から股関節が痛くなったという方がたくさんいらっしゃいます。股関節痛はある意味仕方がないことでもあるのですが、出産後いつまでも股関節痛が続くと、育児や日常生活にも悪影響が出てきてしまいますよね。では産後の股関節痛はいつまで続くものなのでしょうか。また自然に治るものなのでしょうか。ひどい場合だと1年以上股関節の痛みが続くということも珍しくありません。出産後は緩んだ骨盤が徐々に元の状態に締まってくるのですが、この時に座り方が悪かったり、姿勢が悪かったり、偏った抱っこ、授乳をすると骨盤が歪んでしまいます。骨盤が歪んでしまうと、股関節に負担がかかる状態がなくならないので、股関節の痛みも続いてしまうということになります。重要なことは、産後に骨盤の歪みを治してあげるということです。骨盤の歪みさえ治せば、産後しばらくすると股関節の痛みも徐々に和らいできて、その後自然に股関節痛が解消されるでしょう。歪んでしまった骨盤を元の位置に戻してあげることが大事になるということです。