豊田市前山町の骨盤矯正が得意な整体院

豊田まえやま整体院

〒471-0828
豊田市前山町2-2-37

0565-28-1811

ブログ

四十肩、五十肩はなぜ?

こんにちは院長の石田です。かなり寒くなってきましたが、冷えると筋肉が固くなり、痛みが出る方もいらっしゃいます。今週は肩の痛みについて。

40代、50代の方が訴える肩の痛みで、最も多いのが四十肩・五十肩です。四十肩・五十肩は医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれるもので、発症する年齢が違うだけで、どちらも同じです。20代でなる方もいらっしゃいます。なにをした覚えもないのに「肩が痛くて腕が上がらない」「突然、肩周辺に強い痛みを感じる」などの症状が現れたら、それは四十肩・五十肩が発症した可能性があります。症状が治まるまでの期間は数週間から半年、長くても1年半ほどで自然に痛みが軽くなり、動きの制限も少しずつ改善してきますが、なかなか良くならない方もいらっしゃいます。さらに肩関節の動く範囲が狭くなって治ることが多いです。関節の可動域を元に戻すには、痛みの出ない程度に積極的に動かすことが大切です。四十肩・五十肩を引き起こす原因は、一般的には加齢に伴い肩の関節や筋肉、肩周辺組織に固くなったり縮んだりなどの変化が起こることで、炎症や痛みを引き起こすためと考えられています。また、これらの直接的要因に加えて、生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化といった間接的要因が重なることも発症のきっかけになるといわれています。四十肩・五十肩は、40代以降の人に発症しやすく、男女差はありません。また、左右の発生率についても違いがなく、利き腕だから発症しやすいということもありません。ただし、若い時に野球をはじめとしたスポーツや仕事で肩を酷使し、肩を痛めたことがある人は発症しやすい傾向にあります。特に猫背の人は重心が前のめりになり、背中の筋肉が固くなり、体の歪みが生じやすいため、四十肩・五十肩のリスクが高まります。子供のころから猫背の方は20代で四十肩といわれることもあります。姿勢を改善していかないと痛みが取れても再発したり、痛みが何年も取れなかったりすることもあります。当院では痛みがあるうちはハイボルトで痛みをとる治療を最初にします。それから肩関節の可動域を取り戻しながら、再発しにくい姿勢に矯正していきます。