豊田市前山町の骨盤矯正が得意な整体院

豊田まえやま整体院

〒471-0828
豊田市前山町2-2-37

0565-28-1811

ブログ

健康寿命とは?

こんにちは。院長の石田です。9月です。早く涼しくなってほしいですね。今月は健康寿命についてお話させていただきます。健康寿命を延ばすのにアディポネクチンというホルモンがあります。

アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種で、エネルギー代謝に大きく関わっている物質です。その働きは広範囲に渡り、血管修復作用や脂肪燃焼作用、血管拡張作用などがあり、糖尿病を予防する効果や高血圧を予防する効果、メタボリックシンドロームを予防する効果などが期待されています。最近ではがんの抑制にも効果があることがわかってきています。人によって個体差はありますが、どんな人でも持っているホルモンです。
アディポネクチンは寿命と大きく関係しているといわれており、長寿の人の血中アディポネクチン濃度は高いといわれています。実際に100歳以上の女性と20歳代の女性の血中アディポネクチン濃度を比較したところ、100歳以上の女性の方が約2倍もアディポネクチンの濃度が高いことが明らかとなっています。アディポネクチンはインナーマッスルで多く分泌されます。インナーマッスルを鍛えることで「アディポネクチン」を増やし、脂肪を燃焼しやすい身体を作りだすことができるのです。                                                   人間の平均寿命は約85歳まで延びています。では、健康寿命はどうなのか?健康寿命とは、「健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間」のことです。健康寿命の平均は男性で71歳、女性で74歳。平均寿命との間には約10年の差があります。老齢人口が増えていくこの現代において、いかに健康寿命を延ばすかは私たちの大きな課題でもあります。EMSでインナーマッスル(赤筋繊維)をきたえることで長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンの分泌を増やすことで健康寿命を延ばすことができます。姿勢を改善し正しい姿勢を維持することで健康寿命を伸ばしましょう。