豊田市前山町の骨盤矯正が得意な整体院

豊田まえやま整体院

〒471-0828
豊田市前山町2-2-37

0565-28-1811

ブログ

坐骨神経痛

こんにちは、院長の石田です。

みなさんは坐骨神経痛がつらいとき、どうされていますか?マッサージやシップ、痛み止めなどで痛みやしびれが和らぐことはあっても、一時的なその場しのぎに過ぎません。
なぜなら、坐骨神経痛の原因は、症状が現れている腰やお尻、太ももとは別の場所にあるからです。そのため、これらのことをしているだけでは、痛みやしびれは何度でもぶり返します。
では、坐骨神経痛の根本的原因はどこにあるかといえば、それは患部とは逆方向、つまり体の前側にあります。そして、坐骨神経痛の原因であり、かつ改善に導く最重要ポイントが、体の前側で上半身と下半身をつないでいる「腸腰筋」という筋肉なのです。腸腰筋はおなかの奥にあるインナーマッスルで、腰の骨から股関節の下を通り、太ももの骨へとつながっている筋肉です。上半身と下半身をつなぎ、主に足を上げるときに使われます。
腸腰筋が衰えると骨盤が後ろに傾いたり、逆に前に倒れすぎたりして、全身の骨格にゆがみが生じます。具体的に、骨盤が後傾した場合、腰の骨がまっすぐになり、さらに背中が丸くなり顔が体の中心よりも前に出てきます。
逆に骨盤が前傾した場合、反り腰でおなかがポッコリと出て、お尻を後ろに突き出したような姿勢になり前後バランスを取ろうとして猫背になり、首の骨が真直ぐになるストレートネックという状態になってしまうのです。
腸腰筋が衰えた結果、骨盤が歪み、背骨に過剰な負荷がかかって内部の神経を圧迫するだけでなく、周囲にある筋肉にも通常以上の負荷がかかっているのです。
脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・腰椎すべり症も、筋筋膜性腰痛・梨状筋症候群といった筋肉性の坐骨神経痛も、腸腰筋を鍛えて、歪みを治していくと症状が改善されていきます。

腸腰筋を鍛えればいいのは分かったけどどう鍛えたらいいの?という方は
坐骨神経痛治療が得意な豊田市前山町にある豊田まえやま接骨院へ