豊田市前山町の骨盤矯正が得意な整体院

豊田まえやま整体院

〒471-0828
豊田市前山町2-2-37

0565-28-1811

ブログ

床で座るときの正しい座り方とは?

こんにちは。院長の石田です。

お子さんと家で遊ぶ時など、床に座る事もあると思いますが、中には家に椅子を置いていなく床に座る時間が長い方もいるかと思います。

床に座ると椅子に座る時よりも姿勢が崩れやすく、骨盤の歪みにつながります。ではどのような座り方が歪みにつながらない正しい座り方なのでしょうか?

床での正しい座り方は骨盤を立てた状態で左右対称に体重がかかり背中が丸くない座り方です。その座り方は正座か長座です。

正座は骨盤を立てた状態で左右対称に体重もかかり、背中も丸くなりませんが、長時間座ると足が痺れたり、膝や足首が痛い方は正座ができないという欠点があります。そのような方は長座で座る事をおすすめします。長座とは足をまっすぐ伸ばして座る事ですが、足の筋肉が硬い人は長時間出来なかったり、背中も意識しないとまるくなりやすくなります。そのような方はクッションや、骨盤座椅子などを使うと楽に座りやすくなります。

悪い座り方は、横座り、アヒル座り、あぐらなどがありますが、まず横座りは、体重が偏ってかかるので歪みにつながります。アヒル座りは正座から更に崩した座り方で猫背、o脚につながります。あぐらは足を開くので骨盤の開きにつながりますし、猫背にもなります。
日頃の悪い座り方が、クセになっていると骨盤矯正をしても戻ってしまいますので、悪い姿勢をしないように骨盤を立てる、左右対称に体重をかける、背中を丸くしない、この3点を意識するようにしましょう。