豊田市前山町の骨盤矯正が得意な整体院

豊田まえやま整体院

〒471-0828
豊田市前山町2-2-37

0565-28-1811

ブログ

肩の猫背

こんにちは、院長の石田です。1月も、もう後半に入ってきましたね。2月に入ると花粉の季節がやってきますね。花粉症で肩が凝ったり、体がだるくなったりしますので、良い姿勢を心掛けましょう。しかし、寝ても疲れが取れない、なんとなく体がだるい、重いなど、花粉症やかぜではないけれど体の調子が良くないなと感じることはありませんか?もしかするとそれは巻き肩が原因かもしれません。巻き肩なると、体の調子が悪くなることが増えてきます。巻き肩は両肩を内側に巻き込むような姿勢です。背中が丸くなくても、巻き肩になっている人は多いです。もちろん、猫背になるとほとんどが巻き肩にはなりますが、巻き肩=猫背ということではありません。また最近増えていると言われているのが「スマホ巻き肩」と呼ばれている症状です。「スマホ首」という言葉を耳にする機会が増えてきましたが、スマホ首はいわゆるストレートネックの状態で、スマホを見る時に下を向いているのが原因と言われています。スマホ巻き肩も、長時間スマホやタブレットなどを使用することで前かがみ姿勢になり、それが原因で肩が内側に入ると考えられています。巻き肩になると、肩が本来の正しい位置ではなくなるため、肩周辺の血流が悪くなり、さらにデスクワークで長時間同じ姿勢を続けていると、腕を前に出しているため、肩も内側に入りやすくなってしまい、その状態で固まってしまいます。肩が内側に入ると、胸側の筋肉も収縮した状態になり、呼吸をする時に肺が膨らみにくくなり、浅い呼吸になり体全体に酸素が届きにくくなります。そのため疲れやすくなると言われています。さらに鎖骨周辺のリンパの巡りも悪くなってしまい全身の老廃物が滞留しやすくなってしまうので、体が重く感じたり、むくみやすくなったりします。また肩の位置がずれてしまうと、全身のバランスを保つため体が無意識に他の部分をずらそうとするので、骨盤も歪んできます。このように巻き肩になるとあらゆる不調が起きやすくなります。

当院では巻き肩を矯正しながらそれによって歪んた骨盤も同時に正しい位置に戻していき疲れにくい体づくりをしていきます。